守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

アート&デザイン

センスの先にあるものー「洗練されている」という状態

こんにちは。ブランドコンサルタントの守山菜穂子です。 以前「センスはどうやって作られるか」という記事をこのブログに書きました。 あの時は、自分の中で、この話題について「一段落した、書き切った」という気分になったのですがまた最近、思うことがあ…

書籍「料理上手になる食材のきほん」

珍しく人の仕事の告知をします。 うちの母、フリーの料理編集者(69歳・ペンネーム森山弥生)が手がけた書籍が発売になりました。

贈り物のセンス!

いつも私の会社のWEB制作でお世話になっているコーディング専門web制作プロダクション「FLAT」代表でコーダーのサトウハルミさんから法人化のお祝いをいただきました。 渋い「のし」の下、包み紙には……

自分の生き方を、自分でデザインする|Beautiful 40’s -12

Illustration by Naoko Moriyama 人は、無意識のうちに、自分に対し、自分を分類する「ラベル」をつけています。 今風に「タグ付け」と呼んだ方がわかりやすいかしら。 例えば私なら、こんな具合です。

パリ、ミュンヘン リアルタイム旅行絵巻

独立して初めてのお休みをいただいて2016年12月9日〜17日までフランス・パリと、ドイツ・ミュンヘンに女友達と2人で旅行をして来ました。

自分の質感を言葉で表現する|Beautiful 40’s -11

「『自分はどういう人間なのか』をいつも、人にうまく説明できないんです」 こんな悩みが私のところによく寄せられます。 そんな時は、自分を「質感」に例えてみたり、自分を「擬音語」で表現してみるという方法をお勧めしています。

感動のアンテナがさびついていないか|Beautiful 40’s -10

歳を取るごとに、「感動アンテナ」は感度が鈍くなってくる。 これは年齢とともに体力や筋肉が落ちるのと同じように一般的に、そうだよ、という話。

文房具でパーソナルブランディング

無類の「文房具」好きのわたくし。 大学生の就職活動のとき、広告会社を第一志望としながらも実は1社だけ、文房具メーカーのデザイナー職も並行して受けていたほどです。 「独立してビジネスを始めた暁には、自分らしい文房具を作りたい!」というのが、ち…

デザインの「セカンドオピニオン」を求められる

医療の世界に、「セカンドオピニオン(第2の意見)」という言葉があります。 今、かかっている「主治医」の考え方を他の医師に提示して、第2の意見を求めるという手法。 セカンドオピニオンの目的は、「医師を変えること」ではなく患者さんが納得し、最善…

「ポルシェパレード2016」撮影会を開催しました

2016年5月21日(土)・22(日)、三重県の鈴鹿サーキットで行われた「ポルシェパレード2016」にてポルシェオーナー様&愛車の撮影会を開催しました。

平面と立体の捉えかた|Beautiful 40’s -05

世の中には、「平面でものを考える人」と、「立体でものを考える人」がいると思う。 私は美術大学に入学するために、高校時代、美術予備校に通ってデッサンの勉強をしていたのですが、その中で最も衝撃的だったのが、この図です。 3つの丸は、ほぼ同じサイズ…

話題の新スポット「東急プラザ銀座」を彩る、障がい者アート

2016年3月31日。話題のスポット「東急プラザ銀座(東京・銀座)」のオープンに先駆けてマスコミ向け内覧会にお邪魔させていただきました。 エッジイで都会的な感じが好み。設計は「日建設計」によるもの。

鍛金(たんきん)の魅力「生きていくかたち・死んでいくかたち 山本愛 展」

東京芸大の工芸科で鍛金(たんきん)を学んだ作家・山本愛さんの個展を見て来ました。 愛さんと私は、高校時代、美大の受験予備校で同級生だった(らしい)。一緒に、新宿御苑でお花見をしたこともある(らしい)。 「らしい」というのは、私たちはお互いに…

感受性の守り方

「感受性」という言葉を知ったのは6歳の時です。 私は、思ったこと、感じたことをそのままズバズバッと口にしてしまい、大人から煙たがられるような子供でした。

私がパーソナルブランディングの仕事を始めた理由

私は日頃、「個人クリエイター向けのパーソナルブランディング」というコンサルメニューを提供しています。 今回は、この仕事を始めた理由について改めてご紹介したいと思います。話は……大学時代まで遡ります。

人生に、キラメキをプラス。「L’étincelle(レタンセル)」

ファッションブランド「L’étincelle(レタンセル)」初の展示会に行ってきました。 クリスタルメッシュを贅沢に使ったカクテルバッグと、オーダーメイド・ドレスの工房です。

五感を震わせる、真っ暗闇のエンターテインメント 「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」

2016年1月22日(金)、新企画「Mint Presents Creator's Session(ミント・クリエイターズセッション)」が始動しました! これは、メディアプロデューサー/ブランドコンサルタント 守山菜穂子の琴線に触れた面白いモノ・ヒト・コトを紹介する、不定期開催…

フォーチュン・ジュエリー・ネイル「RURI NAIL(ルリネイル)」

昨年後半、ブランディング・マーケティングの仕事でネイルサロン「RURI NAIL(ルリネイル)」に関わらせていただきました。

表参道・ヨックモック本店|ピカソ作品と、ブルーのタイル

ヨックモック。誰もが知っている、スタンダードなギフト菓子。 例えば、これ。 1969年発売「シガール」というお菓子です。"Cigare" は「葉巻」の意。子供の頃から、一度は食べたことがある方が多いのではないでしょうか。

美しいことは苦しいこと 映画「氷の花火 山口小夜子」

映画「氷の花火 山口小夜子」を観てきました。 2007年に、57歳でこの世を去った「アジア人で初のパリコレモデル」山口 小夜子(さよこ)さん。 残された貴重映像や、当時の仕事仲間などからのインタビューで、SAYOKOとはどんな人物だったのか、その全貌を紡…

センスはどうやって作られるか

どうやったらセンスが良くなりますか?センスはどのように磨けばいいですか?と、聞かれることがあります。

「コーヒーゼリーの時間」

コーヒーゼリーの本を発見。 大好きなコーヒーゼリーの時代が来た! …かもしれない。 「こんな素敵な企画、dancyuでやりたかった!」という編集長の推薦文も最高。愛がある。

富山。最先端とクラシックが同居する街。

富山にて。 「前衛的地方料理」を上げるフレンチレストラン「L'evo(レヴォ)」に行ってきました。

キンコン西野の「おとぎ町ビエンナーレ」

お笑い芸人・キングコング西野亮廣さんの個展イベント 「おとぎ町ビエンナーレ」を観て来ました。 伊藤忠・青山アートスクエアにファンタジックなエントランスが登場してた!

精霊たちと過ごす

「精霊」についてのセミナーに参加してきました。 人間型をした、人間とは違う生きものがたくさんこの世に住んでいるよ、という内容。 いつもと全く違うことをしようと思って、敢えてファンタジックな3時間。すごく面白かったです。 フェアリー。羽がある精…

クリエイティビティに誇りを持とう。映画「はじまりのうた BEGIN AGAIN」

ジョン・カーニー監督作品 映画「はじまりのうた-BEGIN AGAIN」を観てきました。

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/