読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

ラジオドラマ脚本入門

書籍 セミナー・イベント パーソナルブランディング メディアプロデュース

ラジオドラマ脚本家の、北阪昌人(きたさか・まさと)さん。


長寿番組「NISSAN あ、安部礼司(TOKYO FM)」や
AKB48の "私たちの物語"(NHK-FM)」などの
脚本を書かれていて、
この度「ラジオドラマ脚本入門 」という書籍を発行されました。

 

代官山 蔦屋書店での出版記念トークイベントに行ってきました。 

f:id:naoko-moriyama:20150910155339j:plain

元同僚たちと。右から2人目が北阪さん。

 

 

f:id:naoko-moriyama:20150910155336j:plain

ソフトカバー、216ページ。

 

北阪さんと私は、前職(出版社)の元同僚。
前職での仕事の傍ら、ラジオドラマを執筆され、
今年で20年目になるそうです。
一昨年からは専業作家になりました。

テレビや映画と掛け持ちせず、
ラジオドラマの脚本だけやっている人は
日本に、ほぼ、いないとか。

「『ニッチでもいい』と、この道に精進していたら、
いつの間にか名指しで仕事が来るようになった」と
謙虚におっしゃいます。

トークイベントで、印象に残った言葉がたくさんありました。

・ラジオドラマとは、音声による映像表現である。
・サ行には切ない響きがある。
・リスナーには「あなた達」ではなく「あなた」と呼びかける。
・たった1人が聴いてると思って書いている。だから親密になれる。
・ラジオは、嘘がつけない。

今、スマホで聴けるインターネットラジオ「radiko」の普及で
若い人にラジオ派が増えているんだとか。
何を隠そう、私も10代の頃から筋金入りの「FMラジオ派」で、
今も家ではほとんどの時間、FMを聴いています。

ラジオ好きの心に、北阪さんの優しい言葉がふわっと染みる、
心地良いイベントでした。

ラジオドラマ脚本入門
北阪昌人 著 (映人社)

 

※この記事はFacebookから転載しました。

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/