読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

「コーヒーゼリーの時間」

書籍 食のブランディング アート&デザイン

コーヒーゼリーの本を発見。

大好きなコーヒーゼリーの時代が来た! …かもしれない。 

f:id:naoko-moriyama:20151006190332j:plain
「こんな素敵な企画、dancyuでやりたかった!」という
編集長の推薦文も最高。愛がある。

f:id:naoko-moriyama:20151006193815j:plain

帯を外したカバー写真も綺麗。

f:id:naoko-moriyama:20151006190323j:plain
全店コンプリートしたい…。

 

「コーヒーゼリーの時間」
木村衣有子著、産業編集センター刊。

良書です。

 

コーヒーゼリーって、
パフェとか、ショートケーキとか、モンブランと比べて
すごーく地味なんですよねえ。

 

子供の頃に父が良く食べてたイメージもあるけど、
大人の渋いおやつという感じで。
自分も大人になって、すごく好きになりました。

甘すぎないところもいいですね。

 

本書のイラストレーターは「おじさん図鑑」
なかむらるみさんだったので、また嬉しい。

f:id:naoko-moriyama:20151006192310j:plain

積年の疑問だった「コーヒーゼリーの隣にふさわしい飲み物問題」
についても解説されていて嬉しくなる。結論はいかに!

f:id:naoko-moriyama:20151006190353j:plain

この地味さが大人。

 

私のお気に入りは、この本にも紹介されていた、
新宿・但馬屋(たじまや)珈琲店のコーヒーゼリー。
久々に食べに行こう。

f:id:naoko-moriyama:20151006190341j:plain

上にカラーシュガーが乗ってるところが、昭和感があって
かわいいのです。

味は「濃いめのコーヒー」で、クリームたっぷり。

 

さて、この件をFacebookやtwitterに投稿したところ
男女問わず、かなり盛り上がりました。

 

コーヒーゼリーってカロリーも低いし、いいですよね

ダイエット&減量中の打ち合せはベローチェで珈琲ゼリー食べます。その時ばかりはソフトクリームを外して注文してます。甘過ぎないお菓子って、ほっとします。

わたしもコーヒーゼリー好きです。ベローチェでよく食べます! 

鎌倉のカフェ・ディモンシュに、おいしいコーヒーパフェ(アイス・グラニテ・ゼリーでできているんですが全部コーヒーづくし。果物とか一切なし)があるので、ぜひ召し上がっていただきたいな〜。 

私も大好きー!なのですが、なっかなか美味しいものに出逢えずにいました。但馬屋さん!教えてもらえて最高にうれしい! ありがとうございます 

新宿但馬屋よく行きますよ。チーズケーキしか食べたことないので、今度コーヒーゼリー食べてみます

コーヒーゼリー、私も大好きです。おうちデザートでよく作っていました。今度ご招待しますね☆

 

コーヒーゼリーの時代、もう来てるかもしれない。 

  

「コーヒーゼリーの時間」
木村衣有子著、産業編集センター刊

 

こちらの記事もどうぞ

 

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/