読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

表参道・ヨックモック本店|ピカソ作品と、ブルーのタイル

ヨックモック。
誰もが知っている、スタンダードなギフト菓子。

例えば、これ。

 

1969年発売「シガール」というお菓子です。
"Cigare" は「葉巻」の意。
子供の頃から、一度は食べたことがある方が
多いのではないでしょうか。

 

それから、これ。

   

「プティサンクデリス」という詰め合わせギフト。
私は「ビエ オゥ ショコラ オレ」という
右上の薄いクッキーが大好き。
"Billet(ビエ)"は「折りたたんだ紙片」という
意味なんですって! おしゃれ。

 

と、いうように、
きっとみんなが大好きなお菓子、「ヨックモック(YOKU MOKU)」

全国のデパートで売っているイメージや、
名前から海外ブランドの雰囲気もありますが、
実は、東京・表参道に本社・本店がある
日本の菓子製造メーカーです。

f:id:naoko-moriyama:20160107193620j:plain

f:id:naoko-moriyama:20160107193644j:plain

青いタイルが印象的な、表参道の名店。

この本店には、とても素敵なカフェが併設されています。

ひとりで良く行く「お気に入りカフェ」だったのですが
残念ながら、この青山本店ビル、
2016年1月11日をもって、耐震工事で改装に入り
一時閉店となります。

ということで、今日は、記念のひとりランチをしてきましたよ。

カフェの店名は「BLUE BRICK LOUNGE」
ブルーがキーワード。

f:id:naoko-moriyama:20160107193824j:plain

f:id:naoko-moriyama:20160107193828j:plain
春夏は綺麗に木陰を作る、ハナミズキの木。

f:id:naoko-moriyama:20160107193833j:plain

f:id:naoko-moriyama:20160107193837j:plain

この建物はロの字型に建てられており、
中央は吹き抜けで、ゆったりした中庭があります。
表参道のど真ん中で、このゆとり。
歴史を感じます。

 

f:id:naoko-moriyama:20160107193841j:plain

店内はこんな感じ。
エントランスから客席までを、
階段で立体的につなぐ構成になっています。
バリアフリーの観点からは、古さは否めないですね。

f:id:naoko-moriyama:20160107193854j:plain

ランチメニューは、そば粉のガレット。
今日は「サーモンとクリームチーズ バジル風味」をチョイス。

f:id:naoko-moriyama:20160107193844j:plain

f:id:naoko-moriyama:20160107193848j:plain

このネイビーブルーの壁紙!
「かもめのジョナサン」の表紙みたい。綺麗だなあ。
この壁がなくなるとしたら、本当に寂しいなあ。

 

ほら。似てるでしょ。

そして、この店の凄いところがもう1つ。
なんと、パブロ・ピカソの陶芸作品
フツーに、そこかしこに飾られているのです!

f:id:naoko-moriyama:20160107194957j:plain

f:id:naoko-moriyama:20160107195107j:plain

カフェの壁にはめ込まれたギャラリースペース。

f:id:naoko-moriyama:20160107195110j:plain

f:id:naoko-moriyama:20160107195114j:plain

国宝級の作品が飾られた横で、普通にお茶できる
という、スペシャルな場所です。

最後に、
私がこの店を愛してやまない理由が「タイル」。
この建物の、美しい格子模様を奏でるタイル使いが
たいへん私好みなのです。

f:id:naoko-moriyama:20160107195212j:plain

おなじみの青い外壁。
鮮やかなロイヤルブルー。

f:id:naoko-moriyama:20160107195216j:plain

これはカフェの壁面。
純白のタイルと、エキゾチックな斜めの組み方が
素晴らしく美しい。
私、この壁が好きすぎて、
twitterFacebookのカバー写真にしているんです。

以前twitterにこんな投稿もしてました。

 

f:id:naoko-moriyama:20160107195220j:plain

3か所目は女性用化粧室の入り口。
七色に輝くガラスの小粒タイルが並べられています。
ビー玉みたいで、すごく綺麗です。

私は建築資材については詳しくないのですが
ここのタイルは、
最近の建物で使っている「ペラッ」としたタイルとか、
「タイル風の壁紙」と、
重厚感が全く違うんですよね。

「1枚、1枚、職人さんが手で貼りました。」という
感触が確かにある。

ピカソの陶芸作品とリンクさせたのかもしれません。
創業者が陶器好きだったのかもしれません。

こういった、様々なあしらいが改装でなくなってしまうとしたら
たいへん残念でありますが、
耐震&バリアフリー、時代の流れには逆らえない。
建築の切ないところですね。

最後かもしれないので、
しっかりとこの目に、胸に、焼き付けました。

ヨックモック「BLUE BRICK LOUNGE」
2016年8月に新装オープンとのこと。
新しいお店も楽しみです。
きっと、表参道の新しいランドマークになることでしょう。

 

f:id:naoko-moriyama:20160107193858j:plain

大好きな青いタイルの前で、
思わず「記念の自撮り」しちゃいました。


関連書籍: 

「ヨックモックが教えるクッキーレシピ」

ヨックモック監修・世界文化社刊(2015年10月発行)
あの「シガール」がおうちで焼けるらしい!

 

こちらの記事もどうぞ

 

 

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/