読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

ドトールの「ミルクレープ」物語

ドトールコーヒーショップと、エクセルシオール カフェ
両店で販売しているケーキ「ミルクレープ」の
秘密を聞きました。

見た目は地味だし(笑)むしろそっけないぐらい。
でも、一度食べてみれば、口の中でとろけるような美味しさ。
私は昔から大好きなのですが
周囲では「実は誰にも言えなかったけど、私も大好き」派と
「なにそれ!全く知らなかった」派に
分かれるようです。

このケーキ、何気ないのに、美味しい理由が
ちゃんとあったんです。

(この記事は2013年5月12日のFacebookからの転載です)

f:id:naoko-moriyama:20160219003209j:plain 

 

【TIPS-01   同じ】
このふたつのチェーン店は、同じ会社
「株式会社ドトールコーヒー」が経営しているので
ケーキも同じ工場で作っている。
ということで、両店のミルクレープは、同じ味。

ドトールが13段、
エクセルシオールは16段の
クレープを重ねて作っている(高さ違い)。

 

【TIPS-02 工場】
ケーキ工場があるが、
実際は工場というより、
「パティシエがたくさんいる場所」。

 

【TIPS-03 手仕事】
クレープは、機械で均一に、薄〜く焼く。

それを1枚ずつ重ねて、
ふんわりとクリームを挟んで、
クレープをまた重ねて……は
全て、パティシエの「手仕事」。

職人的な手さばきで、ケーキを1個ずつ、手作りしている。

 

【TIPS-04 なだらかな肩】
クレープは、大小の2サイズあり、
中心に合わせて大・小・大・小の順に重ねて行く。
だから、肩のところがまあるく落ちた、優しい形になる。

 

【TIPS-05 一体感】
クレープとクリームの「一体感」をとことん追求している。
食べたとき、口の中で
「フワッ!」ととろける仕上がりになっている。

(口の中で、クレープとクリームがそれぞれ
 主張するようなことがない)

 

【TIPS-06 専門家】
ケーキ工場に、
「口の中での感触をチェックする、専門の職種の人」がいる。

 

【TIPS-07 マリアージュ】
ケーキ単品ではなく、
コーヒーと合わせる前提で、
「コーヒーと合うベストなケーキの口当たり」を
追求している。

 

【TIPS-08 名札】
しかし、両店とも「コーヒーの店」と捉えているから、
どれだけケーキにこだわっているか
ほとんどPRしていない。
ケーキについての店頭POP類は一切ない。。
店頭では、ただ、ケーキの名前だけが書いてある。

 

【TIPS-09 豆】
ところでコーヒー豆については、
ドトール、エクセルシオールともに
最高級の「これがベストだ!」と考える
同じ豆を使っている。
同業の◯◯◯や◯◯◯◯と比べものにならないほど
良いクオリティのもの。
それをあの値段(ドトールのブレンドコーヒーSサイズ・220円)で
提供するので、
コーヒーの原価がめちゃくちゃ高い。
つまり、超「薄利」!

 

【TIPS-10 マグ推し】
コーヒーは、マグカップで飲んだとき
ベストであるように味が設計されている。
フタつきの紙カップよりも、マグで飲むのがオススメ。

 

【TIPS-11 控えめ】
こんなにこだわって商品を作っているのに、
昔気質で、控えめで
「いいものを作っていれば、放っておいても、ちゃんと売れる」という
考え方なので
全体的に、宣伝広報をほぼしていない。
商品の良さが、消費者にあまり伝わっていない(笑)

 

こんな、いい話を聞きました。
メーカーさんの、こういう隠れエピソード、大好きです。
「メディア人」としてお話をお聞きした責任を感じたので、
ここに記してみました。

 

【TIPS-12 憧れのホール】
両店とも、事前に注文すると、
ミルクレープをホールで(カットしていない丸ごと)購入できます。
あのやわらかミルクレープで、
誕生日パーティができちゃいます!
これは前職の会社の後輩Gくんからの情報。

※2016年現在の情報
 最近はクリスマス時期に、ミルクレープをホールで
 販売しているようですね。
 でも実は、いつでも購入できるんです。

 

さて、以下は、2013年のFacebook投稿の際に
みなさんからいただいたコメント。

私、ミルクレープが大好きで、いつもドトールで食べていました。
今度エクセシオールで頼んでみます!
いいお話、ありがとうございました^^

なんかちょっと深イイ話(*´▽`*)
「いいものは放っておいても売れる」、その通りですよね。

これをフォークで一枚一枚横にくるくるして
食べる癖ありません?
僕だけでしょうか。

昔、三谷幸喜がドトールのミルクレープ美味しい!
って言ってたよ! 私もすきー。

くるくるすると、ミニミルクレープが
フォークの上で再現されるのです! って、しつこいですね。 

ホール!.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 
ナイス情報ありがとうございます。
今度ホームパーティの際のおもたせにしてみます☆

 

盛り上がること、盛り上がること!

私は、こんな風に、
実直にものを作っている会社が大好きです。
あのとろける感触を、また味わいに行こうっと。

 

こちらの記事もどうぞ

 

 

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/