守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

愛媛県宇和島市、パールが産まれる海(7,000字の大長編)

f:id:naoko-moriyama:20171205154036j:plain

2017年10月14日(土)-15日(日)
秋が深まる頃、
愛媛県宇和島市の、パールが産まれる海に行って来ました。

 

宇和島は、四国の西端。
山に囲まれているため「宇和海」に面して
リアス式の海岸が広がり、小さな島々もあります。
パール(真珠・アコヤ貝)に加え、
ハマチ、マダイなど、養殖水産業が盛んな海です。

f:id:naoko-moriyama:20171205145303p:plain

 

拡大図

f:id:naoko-moriyama:20171205145306p:plain

海岸ギザギザです。

まず私、関東平野のどまんなか・海といえばなめらかな九十九里浜、
という千葉県出身のため
このリアス式の海岸というものを
基本的に見慣れないんですね。
行く前に、地図を見るだけでテンションがアガります!

 

さて、その愛媛県は
日本国内で産出される(真珠)パールのうち、
シェア45%を誇る「最大産地」だそう。

ちなみに伊勢を含む三重県は20%です。

(私も産地でお話を伺うまでは
 「真珠といえば、伊勢」のイメージがかなり強くありました。
 伊勢、ならびにミキモトが、長年かけて培って来た
 ブランディングのたまものなのでしょう)

 

今回の旅では、この真珠の最大産地、愛媛県の中で
最も古く、技術開発でもトップクラスの養殖場を
見学させていただきました。

f:id:naoko-moriyama:20171205142238j:plain

静かな海。

松山市から車で向かい、宇和島に到着。
桟橋から、いよいよ船に乗って出発! 

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142254j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142241j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142140j:plain

揺れる船と、波のしぶきにドキドキ。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142245j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142248j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142235j:plain

 

まず着いたのは、「核(かく)入れ」の作業場です。 

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142224j:plain 

f:id:naoko-moriyama:20171205142221j:plain

これが、パールを育ててくれる、ベニアコヤ貝。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142013j:plain

麻酔にかけられた、
うら若きベニアコヤ会の稚貝(ちがい)たち。
ぶくぶく吐き出される泡から
息をしていることがわかります。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142227j:plain

まだ若いベニアコヤ貝が眠っているうちに、
ベテランの職人さんが作業していきます。

器具を使ってスッと貝を上下に開き、
柔らかくみずみずしい身を、メスでそっと切って、
ピンセットで、真珠の「核」となる
貝殻の切片を素早く入れて行きます。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142217j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142017j:plain

 

核入れの動画はこちら 

 
まるで外科手術のような、核入れ作業でした。

若い時に眠らされて、マイクロチップ(核)を身体の中に
知らない間に埋め込まれた貝ちゃん…!!

なんて、ちょっとサスペンス映画のようなことを
イメージしてしまいました。

ベテランさんの無駄のないナイフさばきのおかげで
傷は浅いため、
自然治癒力で、ちゃんとくっつくんですね。
生命の不思議です。

 

再び閉じられたこの貝は、
海の中に沈められ、養殖されます。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142031j:plain

再び船に乗って、今度は、
養殖場となっている海の上へ。
約2年間、海の中にいた貝を引き上げます。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142144j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142020j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142147j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142151j:plain

再び閉じられた貝が、
温暖で優しく、ときに激しい宇和海の中で
波に揉まれて約2年間。

 

育ったパール、誕生の瞬間です!
動画をご覧ください。

 

思わず誰かが「ごめんね〜、貝さん!」って言ってますね。
本当にそんな気持ちになりました。

ごめんね、ありがとう、ありがとう。
身体を張って、パールを育ててくれてありがとう。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142154j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142157j:plain

なんて美しいんでしょう…!!!

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142024j:plain

生まれたての、青い大きなパールです。

海の水に濡れたパールは、
海と、空と、貝と、命と一体になっていて
自然のエネルギーの結晶のようでした。
 

決して早送りできない「時間」、
そして「貝と海の生命力」が、美しいパールをはぐくむ。


パールは、
工業製品ではなく、金属でもなく、
プラスチックなんかでも決してなく
生命の営みから生み出された「奇跡」なんだ!

パールのひと粒ごとが「生きて」いるんだ!

 

身体の内側から震えるような感動を覚えました。

 

私たち全員、船の上で、ちょっと泣きました。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205162215j:plain

私たちが呆然としている横で、
テキパキと何かの作業をしている、
養殖場社長の松下さん。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205162219j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142027j:plain

「はいどうぞ! 貝柱です。うまいよ」

 

パールの貝柱は、
涙と、海水と、磯の香りが一体になったような
味がしました。

食感はツルツル、ふわふわで、みずみずしく
そして芯がコリコリとしていて、
とても美味しいのです。

今、目の前で上がった貝をいただく
命を食べるという
強烈な経験をさせていただきました。

 

貝にも命がある。
こんなこと、私は長い都会暮らしで
すっかり忘れていました。

 

パールを身につけることは、海の命、
ひいては大地の命を身につけることなんだ。 

装飾品に命をいただくって、
なんて贅沢なことなんだろう。

私は、少し湿った海の風の中で、
東京の乾燥した部屋に、びろうどのケースに入って
鎮座している、
パールのネックレスとピアスを想いました。

あれは、一体何粒の「命」が連なった
ネックレスだったろうか。

 

なんだか、今までの価値観が
ガラリと変わるような体験になりました。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142203j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142210j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142325j:plain

事務所に戻って、松下真珠養殖場の三代目社長である
松下明弘社長に
パールの歴史や、開発秘話を聞かせていただき。

また、出荷前のパールを
たくさん見せていただきました。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142213j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142207j:plain

 

とてもね、いろんな色や形があるんですよ。パールって。

生き物が育んだものだから、
さまざまな個性的な形、色が生まれて当然です。

それが嬉しい。それが素敵。


でも、なんで日本の多くのジュエリーショップでは、
真っ白い(または少しピンクがかった)
まん丸のものしか売っていないんだろう?

 

日本では、ほんのりピンクで、まん丸のものが
「価値が高い」とされているからなんですね。

 

私はファッション雑誌の仕事もしていたので、
仕事上、一般の女性よりは数多くのジュエリーを
見ていると思います。

スーパーハイジュエリーブランドや、
百貨店の棚の奥にあり表には出てこないような
超高級商材も、かなりたくさん拝見したことがあります。

 

でも、ここにあるパールは
「あまり見たことがないものだ」と思いました。

東京の売り場や、プレスルームで
見かけないものばかりなのです。

 

一緒に行った、女性誌エディター歴25年の
池田美樹さんも、そう感じたようです。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142318j:plain

右2本は「2回の冬を越えた貝」から産まれたパール。
厚みがあり、美しい虹色が見られます。

一番左は、1回だけ冬を越したパール。

これは手持ちのiPhoneで、自然光で
パチリと撮っただけ写真なのですが
てりの深み、濃さが全く違うのがお分りいただけますか。

 

2つの冬を海の中で超えたパールは、
時間とともに、色々な形に育ちます。

日本では、「真円」の形にうまく育ったものだけが
高価格とされていて、
それ以外のものは安値で扱われてしまます。

 

でも、1年間の急速成長で
薄ーくフツーにまっすぐ育ったやつよりは
時間をかけて、多少デコボコしたり、クセが出て
味があるやつの方が
圧倒的に面白いんじゃないかな?

人間の話じゃないですよ。パールの話です。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142331j:plain

あと、パールは自然から生まれたものだから、
自然光で見るのが
一番、美しいなと思いました。

 

宝飾品店では、必ず、強いスポットライトを当てて
ピカッと光らせていますよね。

パールの美しさって、そうじゃない。
「ピカッ」じゃない。

 

パールは、こんな、日本の空によくある
薄曇りの日の太陽光で見るのが
一番美しいんじゃないか。

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」の世界。

 

そんな風に思いました。

f:id:naoko-moriyama:20171205142321j:plain

厚みのあるバロックパールで作られたリングも素敵。
40代の私は、そろそろこういうのが
似合いそうです。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142105j:plain
今回の旅をアテンドしてくれたのは、
東京で20年にわたり活躍する
宝石商の宮澤理恵さん。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142126j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142108j:plain

宝石商の手。美しいですね。

少し日が暮れて来た事務所の中で
パールが静かにかすかに照っています。

 

理恵さんが
「菜穂子さん、宇和島の海でパールが産まれるところを
見ませんか?」
と言ってくれたご縁から、
こんな貴重な体験をすることができました。

  

ふと、事務所の中で
商品が掲載されたという雑誌群を発見!

私の古巣である小学館の、
最高峰ラグジュアリー雑誌「Precious(プレシャス)」。

私自身も思い入れの深いこの雑誌の創刊号で、
私にラグジュアリーブランドや、ジュエリーとの付き合い方を
教えてくれた
敬愛する先輩編集者が、
この養殖場のパール製品を紹介していました。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142112j:plain

小雪さんの表紙。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142115j:plain 

f:id:naoko-moriyama:20171205142130j:plain

執筆はファッションエディターの
梶山美季さん。 

 

私を始め、小学館の編集者や営業パーソンたちに
たくさんの「ラグジュアリー」と「プレシャス」を
教えてくれた彼女は、
2012年に、若くしてお亡くなりになりました。

私物で、よく重みのある
ロングパールをつけていた梶山さん。
どうやら、この海のパールだったようです。

衝撃。

私はここで、
また涙腺が崩壊してしまいました。

偶然の一致というのはすごいことで
私、梶山さんに導かれてここに来たのかな
と、勝手に、不思議なご縁を感じました。

 

今回来た3人は、
それぞれ、理恵さんに見立てていただきながら
オリジナルのパールネックレスを作りました。

f:id:naoko-moriyama:20171205143545j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205143548j:plain

金具や長さもベストバランスを選んで、
発注が完了。

自分だけのフルオーダー。
思い入れのあるネックレスができました。

f:id:naoko-moriyama:20171205154041j:plain

松下さん、理恵さん、
本当にありがとうございました…!

最高の旅の仲間にも感謝。

 

この日の夜は、
宇和島の「木屋旅館」へ。

f:id:naoko-moriyama:20171205142045j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142137j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142048j:plain

旅籠(はたご)として設立してから
約300年の古い日本家屋を
現代風にリノベーションした、素敵なお宿です。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142055j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142052j:plain

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142058j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142102j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205171204j:plain

キッチリした和風旅館なのですが…

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142028j:plain

水まわりなどは完璧に現代です。最高です。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205171639j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205171642j:plain

お風呂は大変ミステリアス。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205171155j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205171208j:plain

和に、ほのかな洋のエッセンスが絶妙の書斎。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205171159j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142338j:plain

宇和島関連の書籍が多数。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142335j:plain 

 極早生(ごくわせ)みかんは、
旅館の近くの居酒屋でみんなでごはんを食べていたら
おばちゃんがくれたもの。 

 

f:id:naoko-moriyama:20171205171136j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205171142j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205171145j:plain

 

近所の酒屋さんで購入した
ワインと栗焼酎を飲みながら、
初めての宇和島での夜が更けて行きました。

 

木屋旅館のホームページはこちら:

www.kiyaryokan.com

 

真珠貝の生産者は、
真珠の養殖に命をかけてる。

宝石商は、宝石の素晴らしさを表現し
顧客の心に刺さる宝石を探すことに、命をかけてる。

メディア人は、良くわかりやすく伝えることに
命をかけてる。

私は、価値ある商品を世の中に出していくことに
命をかけよう。

そんなことを思った旅の一日でした。

 

旅の追記。

f:id:naoko-moriyama:20171205142034j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205172350j:plain

1週間後、宇和島で注文した3人のネックレスが
でき上がって来ました。

三者三様。
私のは一番左のもの。
グレーがかった大粒パールのロングネックレスです。

 

f:id:naoko-moriyama:20171205142042j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171205142025j:plain

ちょうど撮影の機会があったので、
お気に入りのブラウスに、
できたてのパールをコーディネートしてみました。

写真は、2018年からの公式プロフィールとして
使用する予定です。

 

さて、「命」のエネルギーが詰まったパールのネックレス。
この素晴らしさを、1人でも多くの女性に伝えたいと思い
宮澤理恵さん、池田美樹さんと一緒に、
同じく2018年、
新しいプロジェクトを立ち上げることにしました。

 

企画の詳細はまた追って。
みんなで宇和島に行きましょう。
海を、感じましょう。

 

長い記事をお読みくださり
ありがとうございました。

 

Photo
Uwajima/ Miki Ikeda, RIe Miyazawa, Yasue Ohno, Naoko Moriyama
Tokyo/ Testuo Koike, Produced by Terumi Ishiyama ( Anna Photo ) ,
            Styling advice by Taeko Nagatomo

 

★2018/03/02 追記
パールのプロジェクトが正式に始まり、続いています。
間もなく発表!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

 naoko-moriyama.hatenablog.jp

 

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/