守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

ファッションメディア「Droptokyo」10周年記念写真展

f:id:naoko-moriyama:20171220014414j:plain

 

原宿ストリートの「今」を伝える
ファッションWEBメディア
「 Droptokyo (ドロップトーキョー)」
10周年記念写真展の企画とブランディングを
担当させていただきました。

 

ところで、
えっ……もう、2018年の1月も終わり?
時間があっという間に過ぎて行きます。

2017年末に、大きなイベントの仕事をしましたので
(1ヶ月遅れで、やっと)報告いたします。


Droptokyoとは?

droptokyo.com

 

「Droptokyo(ドロップトーキョー)」は、
原宿系ストリートファッションのスナップWEBサイトです。
創業以来10年間ずっと、毎日コツコツ、
フォトグラファーが、原宿で、裏原宿で、表参道で
スナップ撮影をしています。

 

インスタのフォロワー26万人超。
30歳以下の「デジタルネイティブ」である
ミレニアル世代に、熱狂的に愛されているメディアです。

www.instagram.com

 
創業社長は、現在32歳。
ディレクターは30歳。
他の社員も、全員が10~20代の「完全なWEBネイティブ」という
非常に若い会社です。

 

守山は、プロデューサーとして
2015年9月からDroptkyoに参画。

メディアのブランディング、BtoBの広告営業、
人材育成などの面で、コンサルティング、研修講師、
企画のプロデューサーなどを務めています。


私はメディア業界に20年近くおりますが
今の10~20代にとっては「アプリ」がメディアであり、
「インスタ」の1つのアカウントこそが、最も親近感のあるメディアである
ということを、
私はDroptokyoさんとの仕事で
心底、実感することになりました。

 


Droptokyo編集部は、
デジタル世代の感性で、ファッションを深く、鋭く、捉えており
その点が、ファッションブランド各社から
高い評価をいただいているのだと思います。

 

今回、このメディアの10周年を記念した
大きなイベントの実施担当をいたしましたので
たっぷりの写真とともに報告いたします!

 

f:id:naoko-moriyama:20171220014407j:plain

こちらは、イベントのフライヤー。
デザイナーは照元萌子さん。


会場は、ラフォーレ原宿!

f:id:naoko-moriyama:20171220014418j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171220014326j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171220015138j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171220015303j:plain

エントランスには写真展のポスターが。
そこかしこに。

 

f:id:naoko-moriyama:20171220015134j:plain

ちなみにこれは、ラフォーレクリスマス2017の
ビジュアル。
キモかわいい。

 

f:id:naoko-moriyama:20171220014352j:plain

写真展は、構想に1年半。
準備に半年以上。
Droptokyo編集部のメンバー、
10周年記念の書籍を発行した集英社の志沢さんと
一緒に、記念撮影。

 

f:id:naoko-moriyama:20171220014329j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171220014335j:plain

リアルな原宿ストリートスナップ350点が
ぎっしりと並ぶ写真展。

ファッション好き、写真・アート・デザイン好き、
そして原宿・渋谷の文化が好きな方には
たまらない空間だった思います。

 

そして、こちらは「Droptokyo」10周年を記念した
写真集。

f:id:naoko-moriyama:20171220014342j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171220014339j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171220014347j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171220014409j:plain

集英社の書籍編集者、志沢直子さんによる
販売コーナーでした。

 

「DROPtokyo 2007-2017」
 2017年10月5日・集英社刊
 好評発売中!

 Amazonはこちら↓

  

 

集英社の志沢直子さんと。
何気にナオコ・コンビです。

f:id:naoko-moriyama:20171220014357j:plain

f:id:naoko-moriyama:20171220014401j:plain

オープニングパーティーでは、私は
ネイビーのDroptokyoパーカに
フラミンゴ柄の派手なスカートと、
ネイビーのウエスタンブーツを合わせました。

Droptokyoの仲間たちといると、
おしゃれって、好きに楽しんでいいんだ!
と、改めて思えてきます。


18歳の高校生の頃、
私も雑誌のスナップに撮られたくて
よく、HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)を着て、
千葉から、ラフォーレ原宿前に通っていました。

 

22歳の時、多摩美の卒業制作記念展(卒展)は
ラフォーレミュージアムで開催されました。
その時の嬉しい気持ちは、今でも忘れません。


ラフォーレ原宿は
2019年に開館40周年を迎えるそうです。

 

f:id:naoko-moriyama:20171220014414j:plain

ブログ冒頭でもご紹介した写真。
この日は耳にインカムが入ってました。
インカム(インターカム)は、館内のあちこちに点在して移動する
スタッフが使う無線通信で、トランシーバーに近いもの。
大型イベントではよく使用されます。

 

個人的に大切な場所で、
20年後にまた思いっきり仕事ができることになり
個人的にも感無量。
ここに連れてきてくれたDroptokyo編集部に感謝。
そして、本当にすごいことを成し遂げた編集部メンバーを
心から誇りに思います。

 

お越しいただいた
4,500名もの来場者のみなさまも
本当にありがとうございました。

 

 

  

イベント概要

2007年のオープン以来、原宿を拠点に、
ストリートファッションを精力的に撮影し掲載してきた
ウェブサイト「Droptokyo」。

その10年の集大成ともいうべき写真展が
原宿を象徴する館「ラフォーレ原宿」にて開催。

スマホすら普及していなかった時代から、SNS全盛の現在まで
Droptokyoが変わらず行っているのは、
ストリートと時代を象徴する “顔” を
いち早く見つけて発信すること。

本展覧会では、1万点を超える写真の中から厳選した
約350枚のファッションスナップ写真に加え、
新規撮りおろし写真も展示。
東京ストリートファッションの近代史ともいえる
世界を展開します。


●イベント名:
 「TOKYO STREET FASHION ARCHIVES
 (トーキョー・ストリート・アーカイブス)
 2007-2017 by Droptokyo」

●開催日時:2017年12月19日(火)〜25日(月)*開催終了

●場所: ラフォーレミュージアム原宿
   (東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階)
●入場料: 無料

●主催: 株式会社WEEKDAY / Droptokyo編集部

●協力: 集英社 / ラフォーレ原宿

 

イベントは、終わると儚く消えてしまうけれど
「世代」のアイコンたちの心に、
この写真展は深く刻まれたのだと思います。

 

こちらの記事もどうぞ

 

 

naoko-moriyama.hatenablog.jp

 

  

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/