読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

自分の生き方を、自分でデザインする|Beautiful 40’s -12

Beautiful 40's 幸せな生き方 キャリア女性 アート&デザイン パーソナルブランディング

f:id:naoko-moriyama:20161221122545j:plain
Illustration by Naoko Moriyama

人は、無意識のうちに、
自分に対し、自分を分類する「ラベル」をつけています。

今風に「タグ付け」と呼んだ方が
わかりやすいかしら。

例えば私なら、こんな具合です。

 

 *****

 私は「41歳」である。
 私は「女」である。
 私は「姉」である。
 私は「娘」である。

 私は「千葉育ちの東京人」である。

 私は「ブランドコンサルタント」である。
 私は「メディアプロデューサー」である。
 私は「プロコーチ」である。

 私は「セミナー講師」である。
 私は「著述家」である。
 私は「ブランディングとメディアの専門家」である。
 私は「人材育成に携わる者」である。

 私は「イベントプロデューサー」で、「ディレクター」でもある。
 私は「編集者」である。
 私は「アートディレクター」である。

 私は「美術大学でデザインの専門教育を受けた者」である。
 でも私は「デザイナーではない」。

 私は「趣味レベルのイラストレーター」である。
 私は「アートが好き」だ。
 私は「ファッションが好き」だ。
 私は「白色が好き」だ。

 私は「カタチにこだわりがある」タイプだ。
 私は「幾何学模様が好き」だ。
 私は「正三角形にしびれる」人間だ。

 私は「鼓笛(こてき)隊の元隊員であり、吹奏楽部の元部員」である。
 私は「元ピアニストであり、元サックス奏者であり、元ベーシスト」だ。
 私は「ボーカリストではない」。

 私は「学級委員タイプではない」。
 私は「文化祭実行委員」だ。

 私は「オープンカーが好き」。
 私は「ユーノス ロードスターの元オーナー」だ。
 私は「高いところが好き」だ。
 私は「スカイツリーよりは東京タワーが好きなタイプ」だ。

 私は「炭酸水と澄んだ空が好き」な人だ。
 私は「海の青が好き」だ。
 私は「パールの白と、ダイヤモンドのきらめきが好き」だ。

 *****

 

あなたが知っている「私」と
私が信じている「私」は、
時に同じで、
時に違うこともあるかもしれません。

人は、自分にさまざまな「ラベル」を貼って生きています。
自分のラベルをありったけ書き出してみると、
自分が捉えている「自分らしさ」がよくわかります。

大切なラベルは、上に出して、
しっかりとみんなに見えるところに。
足りないラベルは、作りましょう。
ラベルは、お金で買えたりする時もあります。
長い時間をかけないと作れないラベルもあります。

不要なラベルは、今、ここに捨てていきましょう。
例えば、親や周囲の大人から決めつけられたことで
ずっとあなたの中心に貼られていた、あのラベル。

私は「頑固な人間だ(だってずっとそう言われて育って来たから)」

私は「自由にはなれない(周りを見る限り誰も自由な人なんかいないから)」

この手のやつ。
そのラベルを貼った自分のまま、
残りの人生を過ごすことが気に入らないのなら
そっと剥がせばいいのです。
自分に、どんなラベルを貼るかは、自分で決めていいんです。


例えば
私は「母である」
を、
私は「母であり、女である」
と書き替えたら、なんだか違う毎日が始まりそう。

私は「独身女」
を、
私は「独身の軽やかな女」
と書き替えたら、毎日が楽しくなりそう(笑)

自分の好きなラベルを
自分に貼って生きて行けば良いのです。

 

これのラベルを「貼る」「剥がす」作業が
私がブランディングの仕事の中で
企業や、商品や、人に対して、
実は、日常的にやっていることです。

ただ、このトレーニングを積むことで、
いつの間にか、自分の人生においても、
ラベルの張り替えが軽やかにできるようになっていた、
ということを、ここにご報告いたします。

私は、自分に好きなラベルを貼って、
自由に生きて行きたい。

自分の生き方は、自分で決められます。

あなたも、自分の生き方を、自分でデザインしませんか。
必ずできます。


エディターの池田美樹さんと一緒に、
1年間お届けして来たサウンドマガジン
「Beautiful 40's(ビューティフルフォーティーズ)」

最終回の12回目は、
40代女性に迫り来る「おばさん」と「いい女」問題(!)について
じっくりお話ししました。

 

このサウンドマガジンを作る過程で、
私、いろいろな新しいことを、身体で学びました。

・自分の思考をさらに深く洞察し、言語化する方法。
・ラジオに向く、聞き取りやすい声の出し方、言葉の選び方。
・向かいに座っている人との、呼吸の合わせ方。
・一発録りならではの、人の話への集中力。
・傾聴力。
・周囲の音への鋭敏さ。

すごく面白かった。
声の世界は魅力的ですね。

1年間、本企画を聴いて、読んで、応援してくださったあなたに。
心から感謝して、
この連載企画を終わりたいと思います。
ありがとうございました。

 

サウンドマガジン最終回はこちらから

 

最終回の全文書き起こしはこちらから


池田美樹さんブログはこちらから

 

池田美樹と守山菜穂子のBeautiful 40's
全記事まとめページはこちら

 

こちらの記事もどうぞ

 

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/