守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

食品・本・洋服ー 今日からできる「寄付」のススメ

f:id:naoko-moriyama:20200815210040j:plain

「断捨離」ブームがもう、10年も続いているそう。

私たちは、たくさんのモノに囲まれて暮らしていて、
モノを買うのはひとつの「快楽」だということを
すでに充分、認識しています。

……よね? あなたも。

 

でも、ある瞬間、

食べきれない食品
読み終わった本
着なくなった洋服ーー

こういうモノが家の中にあふれているのを見て、
ぐったりしてしまうのも事実。

 

私はこういうとき、
「捨てる」「売る」の前に
「寄付する」を考えるようにしています。

 

ゴミを増やさずに済む。
売って小銭を稼ぐという、小さな喜びを手放す。

寄付する。 

 

「誰かの役に立つかもしれない……」

そんな思いが
何より自分自身を救うように思います。

 

以下は、私がモノをよく寄付している
支援先の一覧です。
あなたも今日から「寄付生活」、始めませんか。

 

●食べ物の寄付

「セカンドハーベスト・ジャパン」

f:id:naoko-moriyama:20200815195938p:plain

2hj.org

 

2020年、
コロナウィルス感染拡大により
「食」の支援を必要とする方々が急増しているそう。

例えば、休校・給食の中止が続く子育て世帯や
職を失った生活困窮世帯など。

痛ましいことです。 

 

うっかり、買い過ぎてしまった食品。
頂きもので、好みや体質に合わなかった食品。
好みやライフスタイルが変わって、余らせている食品。

あなたの家の棚に、
いくつかありませんか?

ぜひ、寄付してください。


なお、賞味期限が切れているもの、
開封済みの食品はNG。
飲料(ジュース・コーヒー・紅茶など)もOKですが、
お酒はNGです。

受け取り日時の指定が必要で、
「平日の午前中」を指定して送付します。

初めての方は「よくある質問集」を必ずお読みください。

 

寄付のつもりが、善意の押し付けにならないよう
先方のご迷惑にならないよう。
寄付する人間としての、清い態度も必要です。

 

●本の寄付

「Charibon(チャリボン)」

f:id:naoko-moriyama:20200815200907p:plain

www.charibon.jp 

75の支援先から、自分が支援したい団体を選び、
本を寄付することができる
素晴らしいサービス「Charibon(チャリボン)。

子どもの支援、
震災などの被災地支援、
難病や障がいの人・子どもの支援、
世界の難民や子ども達の支援……

支援先の一覧を見ているだけでも、
この地球に、問題が溢れていることを実感できます。

 

私は、応援している視覚障がい者のスポーツ団体
「日本ブラインドサッカー協会」
に長らく寄付をしています。
ブラインドサッカー、本当にミラクルにびっくりするぐらい
カッコイイです。
東京パラリンピックが2021年に開催されるなら
みんながそのミラクルに、絶対に感動することと思います。

 

しかし、今、ホームページを見ていたら
家族がお世話になっている
病児・障がい児保育の専門団体
「NPO法人フローレンス」も支援先になっているのを発見。

これからは、2つの団体に
順番に寄付をしようかと思っています。

 

本をたくさん買って、どんどん読んで、身につけて、
大事なところはメモして、
読み終わった本は、なるべくキレイな状態で、早めに寄付。

(キレイで、最新刊の方が、高く売れますから)

これが私の、最近の情報収集の方法です。

 

●古着の寄付

「古着deワクチン」

f:id:naoko-moriyama:20200815202316p:plain

furugidevaccine.etsl.jp

 

このサービスの面白いところは
サービスの申し込みをすると、
洋服の寄付をする専用の、巨大な袋がやってくるところ。

f:id:naoko-moriyama:20200815202956p:plain

どーん!

古着を詰めて集荷を待つだけ!
簡単な「古着deワクチン専用回収キット」3,300円。

 

f:id:naoko-moriyama:20200815203008p:plain

シャツやカットソーなら100枚、
セーター・ジャケット・パンツなど、かさ張るものなら40枚。
こんなにいっぱい入る、
大きい袋がやってきてしまうんです。

 

人間の習性って不思議だなと思うんですが、
誰しも、大きな袋を手にしてしまうと
「この袋をいっぱいにしたい」という
衝動が働きます(笑)。

 

1人のクローゼットだと
「これ……悩むけど、いらないことにしよう」
という判断がサクサク進みます。
だって、袋をいっぱいにしたいから。

 

ご家族やパートナーと一緒にお住まいの方は、
みんなに声をかけて
「要らない服、ない?」

しまいには、ご近所さんや、会社のメンバーに声をかけて、
要らない服を集めて回る人も。

 

そして古着がいっぱい詰まった、大きな袋を送り出すときの
達成感といったら……!!

スッキリ&人の役にちょっとは立てているのかなと
嬉しくなります。

引越しや、人生の節目に、
「古着deワクチン専用回収キット」を家に送り込むことを
絶対的にお勧めします。

 贈答品のタオル類、
ベビー用品、マタニティウェア、
スキーウェアなどのスポーツウェア、
学校や会社の制服、靴、バッグも寄付できます。

 

寄付した古着は、
開発途上国に送られ、販売されます。
「古着の販売」という、現地雇用の創出にもなります。

また、販売した金額の一部が、ポリオワクチンとなり
発展途上国の子どもたちの命を救っています。

複合的な援助の仕組みが作られているんですね。
素晴らしい。

 

自分の毎日を良くすることに
誰もが必死だと思いますが、
ふと、発展途上国や、日本国内で具体的に困っている人にも
目を向けてみてください。

あなたにできることが、
まだまだあります。

「良く生きる」人生を送っていきましょう。

 

こちらの記事もどうぞ

 

naoko-moriyama.hatenablog.jp

 

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/