読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

フジテレビ「ホウドウキョク」に「Co-Co Life女子部」編集部として出演しました

最新ニュース メディア出演 メディアプロデュース Co-CoLife女子部 ユニバーサルデザイン 社会貢献

フジテレビのインターネット放送「ホウドウキョク」
夕方の番組「ニュースのキモ!Evening」に出演させていただき、
障がいのある女性のためのフリーペーパー
「Co-Co Life(ココライフ)女子部」について
お話ししてきました。

f:id:naoko-moriyama:20160921160429j:plain

2016年9月18日(日)スタジオで記念撮影!
写真左から
「Co-Co Life女子部」元山文菜 編集長
フジテレビアナウンサー 阿部知代さん
キャスター 森下知哉さん
「Co-Co Life女子部」編集部 守山菜穂子です。
お世話になりました!

 

★★アーカイブ放送はこちら

インターネットでいつでも見られます。約40分間の番組です。

www.houdoukyoku.jp

 

 

f:id:naoko-moriyama:20160921094406j:plain

さて、ここからは生放送に参加してみての
感想など記しておきます。

まず、場所は東京・お台場のフジテレビ本社。
日曜夕方のお台場は、観光客で大混雑。
外国人、特にアジアからのお客様の姿も多く見られました。

フジテレビ社屋の特徴である球体部分は
展望台になっているのですが、
今回は登る時間がありませんでした。残念!

 

f:id:naoko-moriyama:20160921160351p:plain

カラフルなアクリル板を重ねて作った番組セットは
とてもかわいかった。アガりました。

「インターネット放送なので、局の中では
 予算をかけていない方ですよ〜」と
ADさんが教えてくださったけれど
雑誌出身の私から見ると、
常設でセットを作り込んであるのは、本当にすごいこと。

また、私たちの世代(と、その下もたぶん)は、
「コストをかけない方が良いことだ」
「コストを無駄にかけるのは悪」
という感覚があるので
「ローコストですよ」という説明に、ふむふむ。好感度UPです。

 

f:id:naoko-moriyama:20160922145546p:plain

私たちが出演させていただいたのは
「Oh! DIversity(おー!ダイバーシティ)」というコーナー。
ダイバーシティ(多様性)と、「お台場」がかかった名称です。
障がい、難病や、LGBTの方など、多様なゲストを迎えている
素敵な番組なのです。

 

フジテレビ「最小」という超コンパクトなスタジオには
演者4〜5名と、ディレクターさん1名、
そして無人カメラが3台ほど。
こちらは、なんとカメラマンがスタジオに一切いない
最新のリモート撮影でした。

隣室モニタールームにいる2人のディレクターさんが、
カメラの寄り、引き、左右、切り替えなどを
全て操っています。

省力化が徹底されているんですね。面白い!

http://panasonic.biz/prodisplays/examp/vol57/room02.jpg
フジテレビ湾岸スタジオ モニタールームはこんな感じの風景
(参考写真 Panasonicサイトより)

 

手元をその場で映せるCCDカメラがあり、
雑誌などは、自分でカメラに写します。
持てる大きさのカメラです。

f:id:naoko-moriyama:20160922145620p:plain

写してます(丸印)

 

f:id:naoko-moriyama:20160922145624p:plain

拡大すると、編集長が黒いカメラを持っているのがわかりますね

 

f:id:naoko-moriyama:20160921155939p:plain

映ったところはこんな感じ。

うん、ライブ感あって面白い。

 

番組は、生放送終了後、
即アーカイブ放送としてネットにアップされ、
ずっと見られます。


いつでも、好きな時に見られる
シェアできる
ずっと残る
って、むしろ地上デジタル波より良いなあと……。
ネットに慣れている私たちの「当たり前」がここにありました。

 

★★★アーカイブ放送はこちら★★ 

 

www.houdoukyoku.jp

 

プロが作るインターネット放送。
新しい「テレビのカタチ」教えていただきました。

 

そしてプロの方のおしゃべりは本当に凄かった。
阿部さんが定時の天気予報を読んでいたのを
ほんの数分、横で聴いていたのですが、
もうキレッキレ!

長年ニュースを読まれているアナウンサーの
コトバのキレ、発生、姿勢、笑顔とキリリの秒速切り替え。
撃たれました。

私もコンサルタントやセミナー講師として
「話す仕事」をしてはおりますが
後で番組を見返すと、微妙にキョロキョロしていたり
足をバタバタしていたり、髪の毛を触っていたり。
まだまだ精進せねば、と反省した次第です。

 

話す内容は、いつも自分達がやっていることなので
自然にご説明できたかもしれません。

見てくださった方から、激励のメッセージなど
メール、Facebook、twitter等でたくさんいただきました。
本当にありがとうございました。

面白かったもの、興味深かったメッセージを
いくつかピックアップしてご紹介させていただきます。

 

守山さん、アーカイブ放送見ましたよ!
素晴らしい内容でしたし、話も興味深かったです。
シェアさせて頂きますね!

-コンサルタント/コーチ

これは同業(コンサル業)の方。
新しくココライフに興味を持ってくださる方がいて
嬉しい限りです。

阿部知代さんのアンテナの張り方とネタのセレクト、
さすがです!
守山さんも頑張ってるね〜!
こういう共演、ほんと嬉しいです! 

-編集者

阿部さんの後輩であり、私の先輩である共通の知人からのコメント。
私も嬉しかったです!
あと、「共演」と言うボキャブラリーが
私の中になかったことが、今回の気づき。

「いつか共演したい人」を考えてみると面白いかも。

 

いいね! とにかくいい!

-編集者

こちらも共通の知人であるベテラン編集者の先輩から。
泣ける。

 

見ました。
守山さん、聞き手を惹きつける声と話し方。素敵ですね。

-出版社経営 

こちらは有名出版社の社長さん。
本当にお忙しい方、見ていただけただけで光栄でした。
声と話し方をお褒め頂けたのも、嬉しいかったです。

自分の声を自分で聴くのは、サウンドマガジン
「Beautiful 40's(ビューティフルフォーティーズ)」
毎月やっているので、だいぶ慣れてきました。

 

アーカイブ見ました!!!
すっごく良い番組でしたね(≧∇≦)
次回も?また楽しみにしております\(^o^)/

-本誌取材先・ユニバーサルデザイン関連

全国の、ユニバーサルデザイン(UD)や福祉に関わる仲間たちが
とてもたくさん見てくださったようです。
このコメントは、UDの普及に世界中を飛び回っている
講演家の方。
お忙しいなか、本当にありがとうございます!

 

リアルタイムで見ましたよー!
来月も出るみたいですね!
-本誌スタッフ

そうなんです。
10月、11月とうちのスタッフが連続で
登場させていただくことになりました。
次回もお楽しみに!

 

守山さん、PCの前でかぶりついて観ましたよ。
阿部さん、さすがでした!
Co-Co Life女子部の魅力を上手に引き出してくれていましたね。
編集長の成長ぶりに感動でした。
お疲れ様でしたm(_ _)m

-本誌スタッフ 

まさに「引き出していただいた」という感じでした。
スルスルと、楽しく話すうちに
重要な内容をお伝えしていました。 

 

番組拝見しました!
私も色々やってみたい!と今よりさらに
1歩踏み出したい気持ちになりました。
描かせて頂いたイラストへのコメントも嬉しかったです。
ありがとうございました!

-イラストレーター/本誌スタッフ 

番組でもご紹介した、障がい当事者の女性は
本誌やウェブでイラストを描いてくれています。
一緒にいろいろやってみよう!

この記事の一番下にある、本誌バナーのイラストも
彼女の作品です。

 

阿部知代さんが「目からうろこ」とおっしゃっていたように、なるほどと思える具体例が満載で、非常にいい番組に仕上がっていました。

元山さんの当事者としての心の揺れ動きや問題への対処法、
守山さんの編集者としての視点と事例の効果的な伝え方、
お二人のバランスも絶妙でした。

最初、守山さんの声が低いのにびっくりしました。
「プレゼン等では、女性も低めの声にした方が説得力が出る」などと言われるので、わざとそうしているのかと思いました。

ただよく考えてみると、声は普段から案外低めで、テンションがもう少し高めだから、印象が違ってみえたようです。

今回に限らず、守山さんの活動を見ていて、「前向きに動くと、やはりいい相乗効果が生まれるんだな」ということを実感しています。言い換えると、「動く」勇気を与えてくれるといった感じです。

-Co-CoLife女子部スタッフ

長く一緒にやっている本誌のスタッフから見ても
様々な発見があったようです。
番組で取り上げていただくというのは、客観性がプラスされますね。

あと、どうやら私、Co-CoLifeでは
結構テンション高くやっているようです。
楽しいからだと思います!

 

放送開始前から緊張して待っていました。
出演者の守山さんの方が、視聴者よりリラックスしていて、
ゲストの守山さんの方が、キャスターさんより落ち着いている印象でした(笑)。

生放送の決まった尺の中でエキスが全部詰まっていて、
バランスがとてもよかったです。
元山さんとのコンビもいい感じでした(笑)。

ツイートではどんなメッセージがくるか、
どのメッセージが採用されるか
予測がつかないのでドキドキしますね。
-Co-CoLife女子部スタッフ

これはですね、
まず私は、心臓ドキドキしている時こそ
ドスが聞いた声で話す習性なのだと思います。
ドキドキが、バレないように。
変なこと言わないように、慎重に。

カメラが回っている前で、「はしゃぐ」とか
「軽口」「冗談」などを言うのは
とっても、とっても難しいことだと思います。

ベテランアナウンサー&キャスターのお二人は
キャッ♪とはしゃいで、ビシッ!と進行に戻るなど
その瞬時の切り替えが、本当にすごいなあと
感服しました。

はしゃぐ余裕なんかなかったぞ、というのが私の本音です……。

 

ばっちり拝見しました。
感じることがたくさんあり勉強になりました。これからも末長く宜しくお願いいたします。

-本誌読者モデル

本誌の読者モデルである、障がい当事者のコたちからも
嬉しい応援コメントが。
「感じることがたくさんあった」って、すごくいい言葉だなあ。
素敵なメッセージありがとう。

 

「Co-Co Life女子部」は身体障がいだけでなく、
難病、発達、精神、知的障がいの方、
男性や、当事者のご家族も対象としています。

下記のサイトから「サポーター登録」をしてくださいね。

本誌を毎号、無料でお送りします。

f:id:naoko-moriyama:20160915024050j:plain

 

2016-10-25追記
その後も毎月、スタッフが出演中です。
一覧はこちら

 

今回から、守山菜穂子のブログに
「Co-CoLife女子部」というタグを作りました。
ブランディングのことに加えて、「Co-CoLife女子部」のことも
積極的に発信していきます。
求められてると感じました。

今までに書いた本誌にまつわる記事はこちら


こちらの記事もどうぞ

 

 

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/