守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

精霊たちと過ごす

f:id:naoko-moriyama:20150910221137j:plain 
先日、「精霊」についてのセミナーに参加してきました。

いつもと全く違うことをしようと思って、
敢えてファンタジックな3時間。すごく面白かったです。

 

セミナーによると
人間型をした、人間とは違う生きものが
たくさんこの世に住んでいるそうです。

 

例えば、上のイラストは「フェアリー(妖精)」。

私は羽がある精霊に無性に惹かれます。

フェアリーは、水や植物があるところにいる、
美しくてチャーミングな存在。
物を所有しない。だから戦わない。

ちょっと能天気。クリエイティブで右脳的。
「全てのものへの愛」が基盤。

人間を癒してくれる存在。
今、増え始めている「新しい人類(インディゴ)」達が作る
新しい、うるおいのある社会で、
一緒に暮らしたいと思っている。  

 

他には、例えば、「ヴァンパイア(吸血鬼)」。

人間の血を飲む、催眠能力がある美しい人達。
人間から隠れて、暗いところに住んでいる。
でも実は、東京の渋谷や池袋という繁華街にも
さりげなく生息しているらしいです(!)

血の近くにいられるので、医療関係者にも多いとか(!!)

あなたも催眠をかけられて、ボーっとしている間に
そっと血を吸われているかもしれません。

 

例えば、エルフ。
日本語ではフェアリーと同じく「妖精」と訳されてしまうのですが
フェアリーの明るさ、能天気さとはちょっと違い
エルフは、高度なインテリジェンスを持った、優れた戦士です。

エルフには男性も女性もいる。
エルフは、アート(美術・芸術)のマスター(熟練者)でもある。
美しい金属や、武器を作る。
彼等は完璧な相手「メイト」を探している。

エルフのコミュニティは、高等評議会を持ち、
民主的でパーフェクトな世界を作っている。
人間の全ての問いに答えてくれる。
エルフからアドバイスが聞こえた時は、素直に従った方がいい。 

あなたも、耳元で何か「声」が聞こえる時がありますか?


 f:id:naoko-moriyama:20150910221559j:plain

f:id:naoko-moriyama:20150910221603j:plain

f:id:naoko-moriyama:20150910221608j:plain
ノームたち。この、小鳥にえさをやっているイラストが
子どもの頃、本当に好きだった。「新版 ノーム 」より

 

セミナーは写真禁止だったので、
今日の写真は全て、書籍「新版 ノーム
ヴィル ヒュイゲン=文、リーン ポールトフリート=絵
(サンリオ出版)より。

 

私は、子どもの頃に父に買ってもらって、
この本を宝物にしていました。

小学生のお子さんにギフトで贈ったりすると、
とても喜ばれると思います。
絵も文も素晴らしい、珠玉の一冊。
絵本…というよりは、大型の図鑑です。
(絶賛しておきます。この本は間違いない!) 


他に大好きなファンタジーの書籍は
佐藤さとる 著・村上 勉 画
だれも知らない小さな国―コロボックル物語 」シリーズ

 
ミヒャエル・エンデ著
モモ  果てしない物語

 

大人になってから触れていなかった、
ファンタジーの世界に
また浸かってみたいと、久しぶりに思いました。 

   

こちらの記事もどうぞ:

naoko-moriyama.hatenablog.jp

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/