読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守山菜穂子 | Mint Days

ブランドコンサルタント 守山菜穂子のブログです。

映画「繕い裁つ人」…ファッションスタイルとは、すなわち、生き方。

映画 キャリア女性 幸せな生き方 パーソナルブランディング ファッション

今日は、とあるファッションデザイナーさんの
ブランディングの打ち合わせでした。
住宅街の、長い坂道を上ると、
彼女の密やかで気持ちの良いアトリエがあります。

既 視 感 。

あれ、これどこかで見た風景だ。どこだろう。

考えたところ、それは、7月に観た映画の中でした。


映画「繕い裁つ人(つくろいたつひと)」
坂と海と山に囲まれた、神戸の街を舞台に。
小さな「洋裁店」の店主が主人公の物語です。

f:id:naoko-moriyama:20151222192218j:plain

中谷美紀さん演じる、洋裁店の二代目店主。
取引先から「頑固ジジイ」と呼ばれている(笑)
けれど、顧客からは熱烈に愛されている。

2〜3回着たら飽きて捨てられる、ファストファッション。
S,M,Lの「平均的な身体のサイズ」で作られた、既製品の服。
シーズンごとに大量に売るデパート。
みんな少しづつ違うけど、どこか似た感じの服装。

それに対して、
歳を経るごとの「体型の変化」に寄り添い、
少しずつお直しして着る服。
一生ずっと着つづける「覚悟のいる」服。
車いすの女性のためだけに作られた
オーダーメイドのウエディングドレス。
そこに服があるだけで「その人らしさ」が
匂い立って来るようなスタイル。

こんな風に劇的に、ファッションの「あり方」「価値観」が、
対比して描かれています。

 

f:id:naoko-moriyama:20151222192201j:plain

f:id:naoko-moriyama:20151222192205j:plain

映画館に、ファッションクリエイター伊藤佐智子さんによる
実物衣装も展示されていました。
映画を観る前にこの服を見た時には「変わった服だな」
としか思わなかったのですが、
鑑賞後に見たら…。

主人公の「店主」と、高校生の女の子の
「スタイル」「生き方」がそこに見えました。

「洋服が売れない時代」というけれど、
違う売り方があるんじゃないか。
S,M,Lの既製服の時代はもう終わったのではないか。
そんな風に思っています。


あと、私もこの映画を観て、
私も、自分の「スタイル」をより深く見直したい、と思いました。

そして、同時に、全身全霊で丁寧な仕事をしよう。
お客様のために真心をこめて対峙しよう。
と決意を新たにさせられました。

いい映画でした。

f:id:naoko-moriyama:20151222192157j:plain

東京・目黒の「目黒シネマ」にて。
今時珍しい、2本立ての映画館です。



映画公式サイトはこちら(予告編が観られます)

 

映画「繕い裁つ人 ブルーレイ版 [Blu-ray]」

 

映画「繕い裁つ人 DVD版」

 

 

 

Copyright © Naoko Moriyama / Mint Branding, Incorporated. All Rights Reserved.
本ブログに掲載した写真・イラスト・文章の著作権は
守山菜穂子 並びに 株式会社ミント・ブランディングに帰属します。
http://naoko-moriyama.com/
http://mint.co.jp/